CSRツーリズムHP | Home > ツアーレポート > 受注型ツアー 「宇部青年会議所様」

受注型ツアー 「宇部青年会議所様」

今日(4/20 水曜日)は、宇部青年会議所様による受注ツアーの添乗に行ってきました。
今回のツアーテーマは「エネルギー」です。

山口宇部空港でお出迎え。P1040281.JPG

さあ、バスに乗って出発です。

最初は「長州産業」に訪問します。P1040284.JPG

資料を見ながら、分かりやすく会社の概要などご説明いただきました。P1040285.JPG

太陽光発電パネル等、世界トップレベルの最新科学技術によるエレクトロニクス製品などを製造する工場を見学しました。

 

昼食は山陽小野田市にある「ソルポニエンテ」で海を眺めながらの昼食。日本の夕日100選にも選ばれた焼野海岸、料理も景色も最高でした。

ここで本日のエスコーター「原田さん」をご紹介。P1040282.JPG

原田さんは中国電力のOBで、現在は県ソフトテニス連盟の副理事長として、山口国体の準備にお忙しい中、産業観光エスコーターとしてご協力をいただいております。

午後からは「中国電力新小野田発電所」に訪問します。
こちらはなんと100万kwを発電し、山口県内使用電力の56%をまかなう発電所なんです。P1040287.JPG

まず、バスで移動しながら発電所全体を見学します。

車内でも発電所についての説明をして下さいます。
P1040290.JPG

 環境保全にも万全な対策を講じながら行っている発電の行程などを見学します。P1040291.JPG

ここでは、木材チップを燃料として、石炭に混ぜて使用しています。P1040289.JPG

環境にも配慮されてるんですね。

 

続いて「PET」を訪問。
PETって何??と思われる方もいらっしゃるかとおもいますが、正式には
株式会社パワー・エンジニアリング・アンド・トレーニングサービス。P1040292.JPG

ここは、元火力発電所を活用した火力発電技術研修施設なんです。P1040295.JPG

 

発電の仕組み等を聞きながら、設備のカットモデルなどを見学します。

最後はコールセンターに訪問します。
ここでは、100万トンの貯炭場が2基。年間の取扱はなんと600万トン。国内最大級の規模なんです。
 

 本日のツアーはこれで終了。エネルギーについて詳しく学ぶことができました。
限りあるエネルギー、大切に使用しないといけませんね。

添乗:㈳宇部観光コンベンション協会 藤原
 

Search
Feeds

Return to page top