CSRツーリズムHP | Home > ツアーレポート > 萩市社会福祉協議会むつみ事務所様受注ツアー

萩市社会福祉協議会むつみ事務所様受注ツアー

10月27日(木)は、萩市社会福祉協議会むつみ事務所様からの受注ツアー「第3章 本間俊平と美祢の白大理石」を催行いたしました。

本日のエスコーターは、㈲安藤石材 代表取締役の安藤浩太朗さんです。



本日最初の見学先は、美祢市秋芳町秋吉にある「秋吉台国際芸術村」です。

こちらではまず、芸術村の持田さんから説明を聞きながら施設の見学を行いました。

この施設は、1998年に世界的に著名な建築家磯崎新氏の設計によって建築され、施設の壁や床、には、美祢市で産出された大理石が使用されています。



開放的なコンサートホールの2・3階の客席は、秋芳洞の「百枚皿」をイメージして造られたそうです。



ちなみに11月20日(日)には、このステージで「」が開催されるそうです。

チケットは残りわずか!お問合せは「秋吉台国際芸術村」まで。 http://www.aiav.jp/


施設見学後、彫刻家の後藤秀樹さんから「本間俊平」のお話を伺いました。



「本間俊平」は、美祢郡秋吉村(現在の美祢市秋芳町秋吉)で長門大理石採掘所を開き、大理石の採掘をしながら、出獄人や不良者、世間から見放された若者達と生活と仕事を共にして更生指導にあたり、“秋吉の聖人”と呼ばれた人物です。



みなさん、熱心にお話を聞かれていました。私もたいへん勉強になりました。


昼食後は、美祢市伊佐町河原の「山根大理石」さんで、大理石加工の見学と大理石キーホルダー作成の体験です。



「山根大理石」さんでは、いろいろな大理石加工品を作製・販売されています。

ふくろうやウサギ、カエルなどかわいい置物がいっぱい!お土産にも喜ばれますね。


【山根大理石:電話0837-52-4152】


キーホルダー作成体験の後は、道の駅おふくでジャンボタクシーに乗り換え、安藤石材さんの「丁場」(大理石の採掘場)へ移動。大理石の採掘現場を見学しました。



普段はなかなか入ることのできない、とてもレアな体験ですヨ。

(あまり関係ありませんが、この日は大変良いお天気。見てください!雲ひとつ無い青空です。)

採掘した大理石を割るところも見学しました。

このように、大理石にドリルで穴を開け、穴にクサビを打ち込んでいくと・・・、



ご覧のように硬い石が真っ二つに。“お見事!”




本日最後の訪問先は、美祢ニュータウン「来福台」です。

ここには、1996年に美祢市で開催された「美祢国際大理石シンポジウム」で制作された、世界の彫刻家の作品が設置してあります。

エスコーター・安藤さんの解説を聞きながら、作品を見学しました。



こちらは「来福センター」内に展示してある、彫刻家・後藤秀樹さんの作品。



以上で本日のツアーは終了。お申込みいただいたみなさま、大変お疲れさまでした。

明日は「第16章 食・美祢」が催行されます。

美祢市美東町特産“美東ごぼう”のごぼう堀体験や秋吉台散策なのですが、お天気がとても心配です。

てるてる坊主さま、あ~した天気にしておくれ~♪

 【画像協力:総合観光部“てるてるボーイズ”】

 

                  美祢市総合観光部 美祢市観光サイト『カルスト日記』より転載

 

Search
Feeds

Return to page top