CSRツーリズムHP | Home > ツアーレポート > 【受注ツアー】美祢市於福のボランティア団体 友愛 様

【受注ツアー】美祢市於福のボランティア団体 友愛 様

今日(6月21日)は、美祢市於福のボランティア団体 友愛様からの受注ツアーを催行いたしました。

この度のツアーは、午前中は第14章「宇部の匠と心」、午後は第15章「食・宇部」と、2つのツアーを組み合わせています。エスコーターがガイドできれば、こういったことも出来てしまうのが受注ツアーの良いところ!
このたびは、なんと47名の参加者がいらっしゃいました。
①美祢市於福のボランティア団体「友愛」の皆様.jpg
さて、では本日のエスコーターをご紹介します。ふるさとコンパニオンの会の村上節代さんです!募集ツアーでは、「宇部の匠と心」のエスコーターとしてご活躍されています。
P1060502.jpg
さて、最初に向かいますのは、「赤間硯の里」です。こちらでは、硯の加工現場見学をします。
(デジカメの調子が悪く撮影できなかったため、写真がありません…すみません)
 
硯職人の日枝さんから「赤間石」についてお話を伺います。赤間石の歴史、赤間硯の特徴など、「なるほど!」と思う事ばかりでした。
続いてはお待ちかね、国指定の伝統的工芸品に認定された赤間硯の加工現場にお邪魔します。硯の加工方法なんて普段は考えないもの。職人の匠の技に、「へぇ~」「すごーい」と言う声が所々で聞こえてきました。
 
さて、次は「たましげ琴製作所」に向かいます。
(デジカメの調子が悪く、こちらでも撮影が上手くいきませんでした。重ね重ね、すみません)
こちらの「たましげ琴製作所」は、国内に数社しかない琴製作所の一つで、なんと、明治神宮にも寄贈したことのある琴職人の技が見学できるのです!
 
匠の技を堪能したあとは、ここからは第15章「食・宇部」のコースに突入します。
食のスタートは、お楽しみのお昼ご飯から!
「持世寺温泉 上の湯」の、豆腐会席をいただきます!
 
ジャジャン!
P1060507.jpg
霜降山のおいしい水を使用した自家製のヘルシーなお豆腐をふんだんに使った会席料理です。
P1060508.jpg
こちらの「持世寺温泉 上の湯」には、豆腐工房「豆汰豆蔵」というお豆腐屋さんが併設されていて、美味しいお豆腐を購入することができます。
また、豆乳ソフトクリームも販売されていて、このソフトクリームはとってもサッパリしていて美味しいんですよ!(本日も大人気でした!!)
P1060512.jpg
食事のあとは、アクトビレッジ小野までバスで移動し、山口茶業所有の茶畑へ向かいます。
こちらでは、茶畑で茶摘み体験をしました。
茶摘みでは、新芽を摘むよう教えてもらい、皆さんとても楽しそうに手に持ったビニール袋の中にお茶の葉を摘んで入れていました!このお茶の葉はお持ち帰りいただけます。
P1060516.jpgお茶の葉を熱湯にくぐらせ、水気を切って、衣を付けてテンプラにすると美味しく食べられるそうですよ。
 
茶摘みの後は、あの葉を加工する工場と、加工した商品の販売店が併設されている所へ向かいます。店外では、暖かいお茶と冷たいお茶も頂けて、ホッと一息。
茶葉だけでなく、お茶を使ったお菓子や石鹸もあり、お茶が色々なものに加工されていることを実感しました。
先ほど摘んだお茶の葉に思いを馳せながら、山口茶業の社長さんと談笑しつつバスへ向かいます。
P1060519.jpgツアーの最後は、楠こもれびの郷で休憩です。採れたての新鮮野菜が購入できる農産物直売所もあり、みなさん店内の商品をじっくり見て回られていました。
生産者の名前や商品名が記載され、誰がどんな野菜を作っているのか一目で分かるのが、こちらの直売所の特徴です。
P1060520.jpg
以上で、ツアー終了です。
宇部の匠の技と、食について学ぶツアー。皆様お楽しみいただけたでしょうか。
皆様、和気あいあいと楽しそうに見学、体験していらっしゃるのがとても特徴的でした。
最後の車内あいさつで、友愛の会長さんが「匠の技に取り組む職人さんのひたむきな姿に感動しました」とごあいさつされ、良いツアーだったと皆さん拍手で答えられていました。
 
美祢市於福のボランティア団体 友愛の皆様、大変お疲れさまでした!
またのご利用お待ちしております!
 
添乗:コンベンション協会(藤原)

 

Search
Feeds

Return to page top