CSRツーリズムHP | Home > ツアーレポート > 第1章 セメントの道

第1章 セメントの道

今日(6月23日)は、第1章「セメントの道」が催行されました。

今回は土曜日ということもあり、大型バスでのツアーです。参加者は定員の41名が全て満席となり、とても賑やかな雰囲気でのツアーでした。
この度は、KRY山口放送のテレビ取材も入りました。(ありがとうございます!)
DSCF6673.jpg
まず、本日のエスコーター、藤重さんをご紹介します。
藤重さんは、今から向かう宇部興産伊佐セメント工場に平成2年から平成8年までの6年間勤務され、宇部興産退職後は、全国の鉱山に出向き巡回指導をされていたんですよ。
P1060528.jpg
添乗は、宇部観光コンベンション協会の高野、そして吉原です。(吉原の写真はありません><)
 P1060526.jpg
最初は、秋吉台をバスで通過し、「秋吉台科学博物館」に向かいます。
ツアーではもうお馴染みの学芸員 藤川先生から秋吉台や秋芳洞の成り立ち、石灰石の特性などについてお話いただきました。
DSCF6675.jpg
このたびは、お子さんのご参加もありました!(親子でのご参加ありがとうございます!)
DSCF6677.jpg
秋吉台の生態系や地質、水質などについて学んだ後は、館内や秋吉台を自由に散策し、お楽しみのお昼ご飯です。
DSCF6686.jpg
秋芳洞近くにある「安富屋」さんで、「やまぐち食彩御膳(露草)」をいただきます。
炊き込みご飯とミニうどんがあり、ヘルシーかつボリューミーですよ。
 
美味しいお昼ご飯を撮影!
DSCF6685.jpg
お腹がいっぱいになりましたら、宇部興産伊佐セメント工場へ向かいます。
 
さて、伊佐セメント工場に到着!
P1060532.jpg
オフロードダンプカーと、伊佐の石灰石鉱山の見事なコラボレーションです!
P1060535.jpg
ちなみに、オフロードダンプカーは、上の写真だと小さく見えますが、
実際はこんなに大きなタイヤなんですよ!全体がどれだけ大きいかが伺えます。
 P1060539.jpg
さて、広大な伊佐の石灰石鉱山を堪能したあとは、宇部興産専用道路を通って、楠こもれびの郷でお買物&休憩をします。ここでは、皆さん新鮮なお野菜やパンなどを購入されていました。
 
お買物が終わったあとは、再び宇部興産専用道路を通って、トレーラーの整備場へ向かいました。
6.23セメントの道②.jpg
ダブルストレーラーのトラクターには、外国産のトラクターと国産のトラクターがあり、今日は両方見る事ができました!
(実際に稼働中のトレーラーのため、日によって停車しているトレーラーが違うのです。)
宇部興産渉外部の田中さんから、トレーラーについてお話を伺いました。
ちなみに、手前が外国産、奥が国産です。
このツアーでは、停車中のトレーラーの運転席に乗ることもできますよ!
 P1060543.jpg
さて、トレーラーを見学した後は、最後の訪問場所「UBE-i-Plaza」に向かいます。
UBE-i-Plazaは、宇部興産で作られている製品を展示してあるミュージアムで、宇部興産渉外部の高雄さんから、宇部興産の歴史についてお話いただきました。
P1060559.jpg
宇部興産の歴代社長の像も飾られています。
宇部市民には記念館でおなじみ、「渡辺翁」こと、渡辺祐策翁の像もありました。
P1060556.jpg
以上で、ツアーは終了です。
 
秋吉台で石灰石の話を聞き、伊佐セメント工場でセメントの製造について聞き、宇部・美祢間を繋ぐ石炭・セメントを運ぶために作られた企業専用道路「宇部興産専用道路」を通り、セメントづくしのツアーでした。
このたび取材いただきましたKRYのテレビ放送は、
 
7月1日(土)、8日(日)午前7時45分~
「元気です!やまぐち」
 
で放送されます。ぜひご覧下さいね。
 
次の第1章は、7月2日(月)です。こちらも有りがたい事に既に満席です。
次回もお天気にも恵まれれば良いのですが…。
 
 
添乗:高野・吉原
Search
Feeds

Return to page top