CSRツーリズムHP | Home > ツアーレポート > 第7章 窯のまち 小野田

第7章 窯のまち 小野田

11月30日(木)、産業観光ツアー第7章「窯のまち 小野田」が催行されました。

このコースは、第1回地旅大賞 特別賞を受賞したコースであり、昔、山陽小野田市が

硫酸瓶の製造など製陶のまちとして栄えた歴史に触れるコースです。

 

今回は、郷土史歴史研究家の池田エスコーターによるご案内です。

まず訪れたのは、「山陽小野田市歴史民俗資料館」です。

市内の遺跡からの出土品や昔の生活の様子、開作、セメント、石炭産業、窯業(皿山)など

小野田の歴史が分かりやすく展示されています。今回は、「窯のまち 小野田」がテーマなので、

窯業についての展示品を中心に説明を受けました。

 

CIMG9475.JPG

 

次に向かったのは、旦の皿山。かつて、焼酎瓶、硫酸瓶などを製造する製陶工場が軒を並べた

焼き物の里です。

ここは、観光バスが入れませんので、散策マップを片手に徒歩での観光です。

まずは、市指定史跡「旦の登り窯」。最盛期には、26社三十数基の登り窯の煙突が見られましたが、

現在はこの一基のみが現存しています。硫酸瓶は大きな焼き物なので、窯も大変大きく珍しいようです。

 

CIMG9491-1.JPG

 

こちらは、リング坂と当時の硫酸瓶や焼酎瓶を使って作られた瓶垣です。

 

CIMG9501-1.JPG CIMG9524-1.JPG

 

旦の皿山では、今もなお当時の名残が至る所で残っています。

昼食は、敦煌小野田店にて地産地消の中華ランチを頂きました。

 

CIMG9527-1.JPG

 

お腹も満たされ、午後は市内で唯一残る須恵器の窯元「松井製陶所」を見学しました。

 

CIMG9536-1.JPG CIMG9540-1.JPG

 

なぜ、小野田で窯業が栄えたのか?なぜ、硫酸瓶を作っていたのか?そして小野田の窯業の歴史や

松井製陶所の創業から現在までの歴史などのお話を聞きました。

今は、梅壺を主に製造され、小野田の窯業を今もなお代々に受け継がれています。

 

次に向かったのが、本市が誇る産業遺産のひとつ「徳利窯」。

CIMG9550-1.JPG

 

徳利窯は、国内最古のセメント焼成竪窯であり、国の重要文化財にも認定されています。

最盛期にはなんと、12基も並んで稼動していたそうです。

 

焼野海岸にある、きらら交流館でひととき休憩した後、最後に「きららガラス未来館」で

ガラスの製造について学び、実際にガラスの製作体験をしました。

 

CIMG9560-1.JPG

 

デモンストレーションにより、ガラスってこんな性質なんだよ!ってことを

実際に見せて頂きました。繊細な性質をもつガラスの魅力にみなさんも

引き込まれていたご様子でした。

そして、それぞれお好きなガラスの色の組み合わせを選び、とんぼ玉の

ストラップを作りました。世界にひとつだけ、オリジナルのストラップを記念に!!

 

CIMG9573-1.JPG

 

この日は、一日曇りで時折小雨が降っていましたが、きららガラス未来館を出る時に

夕陽が!!少しの間、みなさんでサンセットをご鑑賞頂き、なんとも素敵な旅の締めくくりです。

 

CIMG9575-1.JPG

 

窯業を通じて、山陽小野田市の歴史を再認識し、魅力を再発見する一日となりました。

ご参加頂きましたお客様、ありがとうございました。

 

山陽小野田市観光協会(http://sanyoonoda-kanko.com/)より転載

Search
Feeds

Return to page top