CSRツーリズムHP | Home > ツアーレポート > 【第11章】自然エネルギーとリサイクル・美祢

【第11章】自然エネルギーとリサイクル・美祢

今週末、山口県では久しぶりのまとまった雨となりました。

ダムや農家にとっては恵みの雨なのですが、最近の雨は本当にまとまって降るので、災害が起きないか心配になります。

山口県では先月、大雨災害が発生したため、雨が降ると「観光は大丈夫ですか?」とのお問い合わせをよくいただきます。

県内のほとんどの観光地は災害の影響はなく、通常どおり観光をお楽しみいただけます。どうぞ安心してお出かけください。


さて、8月24日(土)には、産業観光バスツアー「第11章 自然エネルギーとリサイクル・美祢」を催行いたしました。

産業観光バスツアーは、宇部・美祢・山陽小野田地域の企業や工場を訪問し、地域や環境に貢献する企業の取り組みを学んだり、普段は入ることのできない場所を見学するツアーです。

本日の最初の訪問先は「㈱シーパーツ」さん。使用しなくなった自動車を解体し、部品や資源としてリサイクルを行っている会社です。
http://www.seaparts.jp/



使用できる部品は手作業で取り外し、残りの車体は重機で分別しながら解体がされます。

目の前での解体作業は迫力満点。大きな機会が器用に分別をしながら、あっという間に車をペチャンコにします。

 

本日の昼食は、道の駅みとうレストラン古那の「旬の松花堂御膳」。



午後からは、まず美祢市美東町にある鍾乳洞「景清洞」を見学します。



鍾乳洞の中は1年を通して14~16℃とほぼ一定していて、この時期はとても涼しく、逆に冬は暖かく感じます。

この鍾乳洞の原理を利用した住宅づくりを手掛けておられるのが「㈱ジオパワーシステム」さんです。
http://www.geo-power.co.jp/



地中にパイプを埋めて外気をパイプの中に取り込み、地熱で熱交換を行うことで、夏は涼しく冬は暖かいエコ住宅システムを開発されています。

エコ住宅の仕組みを学んだ後、工場のスポットエアコンを体感。



地熱を利用し消費電力量を抑えるシステムにみなさん感心しておられました。

産業観光バスツアー「第11章 自然エネルギーとリサイクル・美祢」は9月7日(土)にも開催。

まだお席に空きがありますので、みなさんもぜひご参加ください。
https://www.csr-tourism.jp/

 

                    【カルスト日記(http://www.karusuto.com/)より転載】

Search
Feeds

Return to page top