CSRツーリズムHP | Home > お知らせ > 8月、9月に実施する参加可能なツアーのご紹介(その2)第5章「美祢の石灰石と宇部」

8月、9月に実施する参加可能なツアーのご紹介(その2)第5章「美祢の石灰石と宇部」

  • Posted by: 協議会事務局
  • 2014年8月 7日 15:08
  • お知らせ

今回は9月3日(水)に実施する予定の第5章「美祢の石灰石と宇部」を、
昨年度実施のツアーを基にご紹介します。

このコースは文字通り、美祢市、宇部市を縦断するコースになっています。

ツアーの最初は、美祢市にある、薬仙石灰に伺います。最初に会議室で、説明と石灰を使った簡単な実験を見学後、工場内を徒歩で見学。設備のすぐ側をとおりますよ。

DSCF5506_R.JPG

工場を抜けると、石灰石鉱山へ!
ここの特徴は、採掘現場が、とにかく近い!!

すぐ近くで採掘現場を見ることができます。

DSCF5516_R.JPG

採掘現場や、そこで働く重機も、こんな近くで見られますよ!!

DSCF5521_R.JPG

再び、工場内を徒歩で移動。工場や重機が好きな方にはたまりませんね。

DSCF5524_R.JPG

その次は、少しバスで移動し、伊佐の街並みを散策です。
伊佐の歴史ある街並みと、奥に見える工場の対比がおもしろいですねえ!

 

DSCF5564_R.JPG

ここには、奇兵隊宿営(本陣)跡もあります。
今年は、ここに奇兵隊が宿営した元治元年(1864年)から、ちょうど150年に当たります。

 

DSCF5570_R.JPG

散策の終点は斉藤製菓へ。宇いち饅頭の試食もあり、皆さんおみやげとして購入されてましたよ。

DSCF5576_R.JPG

昼食は、美祢グランドホテルのある竹筒庵(ささえあん)で松花堂弁当をいただきます。

DSCF5581_R.JPG

午後からは、宇部興産専用道路で、宇部市に向かいます。

実は、人気の第1章「セメントの道」以外でも、宇部興産専用道路を通行するコースがあります。このコースの他にも第6章「美祢の繁栄を支えた“黒”の物語」、第12章「エネルギー・宇部」、第13章「エネルギー・山陽小野田」、第19章「工場夜景 宇部・山陽小野田」でも一部ですが、宇部興産専用道路を通行しますよ。
 
きっと、ダブルストレーラーが通行するのも見ることが出来ますよ。

興産道路車中より_R.JPG

宇部市に到着後は、まず、宇部興産宇部セメント工場を、車窓より見学します。NSPタワーも間近で見学できますよ。

P1090328_R.JPG

次に、宇部マテリアルズ宇部工場へ移動し、事務所で説明後、工場内を見学です。

徒歩でシックナーという美祢産の石灰と海水とを化学反応させて、水酸化マグネシウムを沈殿させる巨大水槽を見学します(写真の丸い水槽に水色の液体が入っている施設がシックナーです。実際は施設まで行って見学しましたが、遠くからの写真ですいません)。

P1090321_R.JPG

最後に宇部港のコンテナターミナルを訪れます。
普段は関係者以外立入禁止になっているので、なかなか入ることはできませんよ。

昨年度は、天候の関係で船が入港していなかったので荷下ろしのデモンストレーションを見学。実際に船が入港していれば、荷下ろしも見学できるかも。

DSCF5631_R.JPG

また、コンテナを運ぶ装置も間近で見学。

DSCF5643_R.JPG

ここで、ツアー終了です。このツアーでしか見られない箇所満載、まさに産業観光といった様相のこのツアー。
年に1回のチャンスですので、是非、ご参加下さいね。


 こちらのツアー、参加ご希望の方は、こちらからお申し込みできますよ!

 

ご参加お待ちしております。

 

 


 

Search
Feeds

Return to page top